So-net無料ブログ作成
検索選択

一定地域内の全頭処分を検討、口蹄疫で官房長官表明 首相、政府対応の問題認める(産経新聞)

 平野博文官房長官は18日の記者会見で、宮崎県内で発生している口蹄(こうてい)疫の被害拡大防止のため、一定の地域内の家畜について全頭処分の実施を検討する考えを表明した。感染していない家畜の処分については財産権の問題も指摘されている。平野氏は「農家の精神的な思いなどもあるが、ある意味では危機管理(の問題)だ。政治判断も必要だと思う」と述べ、やむを得ない場合もあるとの見解を示した。

 家畜伝染病予防法では、口蹄疫の陽性反応が出た家畜と、同じ農場内の家畜が殺処分の対象となる。平野氏は法的問題について「現行法上でできるのか。できないなら、法改正を含めて緊急措置としてどうするのかを判断しなければならい」と述べ、法改正や特別措置法による対応も検討する考えを示した。

 一方、鳩山由紀夫首相は同日朝、「一番大事なことは政府として(対策に)万全を期し、これ以上感染を広げず、農家に『大丈夫だ。経済、経営のことはしっかり政府がやるから』という思いを理解をしていただくことだ」と述べ、政府として支援していく考えを表明した。

 記者団からの「政府や県の対応に問題点はなかったか」との質問に対しては、「すでにこれまでも政府で対応はしてきた」と反論したが、「一定の(問題)部分はあると思う」とも述べ、限定的ながら政府対応の問題点を認めた。

 首相公邸前で記者団の質問に答えた。

【関連記事】
宮崎県、遺伝子検査せず口蹄疫を見逃す 3月末の水牛下痢
口蹄疫被害 種牛も汚染された不手際
ブランド牛の危機 口蹄疫、種牛も殺処分対象に
「宮崎牛」が消滅危機!? 冷凍精液の在庫は15万本
横峯選手が1200万寄付「被害収まるまで寄付続けたい」
中国が優等生路線に?

宇宙から帰還の「神秘の種」芽吹く 若田さんと無重力の旅「山高神代桜」(産経新聞)
<器物損壊>成田空港の予定地で看板壊す 容疑の60歳逮捕(毎日新聞)
普天間で冷淡対応 米国務長官滞在わずか3時間(産経新聞)
<続報>武装勢力が中国漁船を襲撃=人質7人の身代金に1万5000ドル要求―カメルーン
<時効成立>気付かずに逮捕 警視庁が謝罪(毎日新聞)

「ノーズギアが出ない」JAC機が緊急着陸(読売新聞)

 12日午後3時40分頃、鹿児島発の日本エアコミューター(JAC)3771便(サーブ340B型機、乗員3人、乗客37人)が鹿児島県西之表市の種子島空港に着陸しようとした際、前輪が出たことを示す操縦席のランプが点灯しなかった。

 同機は、同県霧島市の鹿児島空港へ引き返し、低空を旋回して地上から目視で前輪が出ていることを確認し、同4時36分、緊急着陸した。けが人はなかった。

 国土交通省鹿児島空港事務所の発表によると、このトラブルで着陸後の約10分間、滑走路を閉鎖し、同社の3便が欠航した。同社で原因を調べている。

 乗客らによると、種子島空港上空で、突然、機長から「ノーズギア(前輪)が出ない」とアナウンスがあり、客室乗務員から鹿児島空港に引き返すという説明があった。

 旋回中に気分が悪くなったと訴える乗客もいたが、大きな混乱はなかったという。

徳之島3町長「平行線だから、もう会わない」(読売新聞)
次にブレークするB級グルメ「高槻うどんギョーザ」(産経新聞)
首相動静(5月12日)(時事通信)
台所に男性遺体 殺人容疑で捜査(産経新聞)
<途上国支援大会>タイで死亡の村本さんの同僚も参加(毎日新聞)

<雑記帳>元西鉄ライオンズの稲尾和久さんモデルに博多人形(毎日新聞)

 元西鉄ライオンズの「鉄腕」、稲尾和久さん(故人)をモデルにした博多人形が24日、福岡市中央区天神のインキューブで発売された。300体限定で6万8000円。

 巨人相手に4連勝した伝説の58年日本シリーズの投球フォームを、球を握る指先からユニホームの風合いに至るまで忠実に再現。博多人形師の上川俊之さんが制作した。

 「不況で閉そく感漂う今こそ、あの日の熱気を思い出して」と販売会社。なかなか首位争いに絡めない福岡ソフトバンクホークスも、こっそりベンチに1体いかが?【阿部周一】

<掘り出しニュース>ツイッターで鬼ごっこ ケータイ手に子供ら奔走−−魚町銀天街(毎日新聞)
沖縄県民大会に党幹部出席へ=徳之島案にも反対−社民(時事通信)
首相、徳田氏と会談…普天間移設で協力要請か(読売新聞)
<3カ月予報>5〜7月 太平洋高気圧弱く北日本は気温低め(毎日新聞)
「桃太郎のお供は?」「アンパンマン!」 昔話知らない子供たち(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。