So-net無料ブログ作成

名護市長選 新人、現職の争いに 普天間争点、与野党対決(毎日新聞)

 米軍普天間(ふてんま)飛行場(沖縄県宜野湾=ぎのわん=市)移設に大きく影響する沖縄県名護市長選が17日、告示された。自公政権が米政府と合意したキャンプ・シュワブ沿岸部(名護市辺野古=へのこ)への移設に反対し、県外移設を訴え、民主党などが推薦する前市教育長、稲嶺進氏(64)と、辺野古移設を条件付きで容認した現職の島袋吉和氏(63)の無所属2人が立候補した。

 鳩山政権は辺野古移設も選択肢に残して移設先を再検討しているが、選挙結果次第で辺野古移設は極めて困難になる。24日、投開票される。

 名護市は96年の日米両政府による普天間返還合意以降、政府が移設先にしてきた。97年の市民投票では、代替施設の建設反対が過半数を占めたが、98、02、06年の市長選ではいずれも容認派が当選している。普天間移設が争点になる市長選は4度目だが、移設見直しを進める鳩山政権下では初めてで、市民の選択が注目される。

 稲嶺氏は、島袋市政下で市教育長を務めた。市の人事など島袋氏の市政運営に批判的な保守系市議が擁立し、反自公勢力が結集。当初、辺野古移設を「見直す」としていたが、民主などの推薦を受けて「県外移設」を前面に打ち出した。

 島袋氏は辺野古移設では建設場所の沖合移動を求めてきた。選挙戦では「政府方針を早く決めてほしい」と述べる程度で、移設にはほとんど触れていない。移設問題で歩調を合わせてきた仲井真弘多(なかいま・ひろかず)知事や自民、公明が支援する。

 16日現在の有権者数は4万5521人。【三森輝久】

 立候補者次の通り。(届け出順)

稲嶺進(いなみね・すすむ)64前市教育長=無新[民][共][社]国

島袋吉和(しまぶくろ・よしかず)63市長=無現(1)

【関連ニュース】
秦野市長選:古谷義幸氏が無投票で再選
二戸市長選:小保内敏幸氏が無投票で初当選
名護市長選:新人と現職が立候補 普天間移設にも影響
名護市長選:17日に告示…普天間移設問題に影響
岐阜市長選:政党が距離 民自公自主投票、異例の展開に

小沢氏、大阪の料亭を訪問 報道陣殺到もだんまり(産経新聞)
震災から15年 妻亡くした82歳桜井さん 京連鶴に思い連ね(産経新聞)
龍馬ゆかりの鞆の浦 海援隊知らしめた沈没事件 (産経新聞)
陸山会の土地購入費、石川議員が通帳に目印「住」(読売新聞)
貴金属店に点検要請へ=多額窃盗受け、防犯対策検証−警察庁長官(時事通信)

千葉法相が参政権で「議員立法が適切」(産経新聞)

 千葉景子法相は15日午前の閣議後記者会見で、政府・民主党が通常国会への提出を目指す外国人参政権付与法案の扱いについて、「議員立法が一番適切と考えている」と述べ、小沢一郎幹事長らが政府提出とすべきだとの考えを示していることに疑問を呈した。千葉氏はその理由を、「社会全体で、政権とか与野党とは別に議論を展開することが一番適切だ」と説明した。

【関連記事】
公明、修正協議に前向き 外国人参政権法案で
森田健作知事「国籍持って投票を」 外国人参政権付与に反対表明
外国人参政権法案、連立合意が必要 官房長官
外国人参政権 小沢氏 強力に推進に動く
外国人参政権 外交配慮より主権の問題

「本国と連絡取れず」ハイチ駐日大使が会見(産経新聞)
父の忍耐しのぶ=直木賞の白石一文さん(時事通信)
勢いそぐ「政治とカネ」=民主、16日に党大会(時事通信)
棋聖戦七番勝負、台北対局始まる(読売新聞)
衆院代表質問、19日で合意(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。