So-net無料ブログ作成
検索選択

09年外国人入国者17%減=不況、円高、新型インフル原因−法務省(時事通信)

 法務省は12日、2009年に日本に入国した外国人が前年比で17.1%減少し、約758万人(速報値)になったと発表した。同省は、世界的な不況や円高、新型インフルエンザ流行などが重なったことが原因とみている。
 外国人入国者数は07年に915万人を突破し、過去最高を記録。08年もほぼ同水準の914万人台だった。政府は09年、観光ビザ(査証)発給要件の一部緩和などで観光客誘致に努めたが、入国者数は前年を約156万人下回り、減少率は1950年に統計を取り始めて以来2番目の大きさとなった。 

【関連ニュース
【特集】新型インフルエンザ
〔写真特集〕新型インフルエンザ
新型インフル本を自主回収=「事実確認が不十分」
ワクチン接種との関係調査へ=新型インフル、重い持病の死者
国民8人に1人が受診=新型インフル、重症化率横ばい

<訃報>斉城昌美<本名・坂万里子>さん55歳=作家(毎日新聞)
群馬の民家火災 6歳園児不明に言葉失う(産経新聞)
鳩山首相 「青年の船事業」参加者と面会 「友愛」を強調(毎日新聞)
ワカサギ釣り 家族連れらでにぎわう 北海道しのつ湖(毎日新聞)
自民、西松献金でも小沢氏追及へ 「敵失では…」の声も(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。