So-net無料ブログ作成
検索選択

「40人学級」見直しへ=小中の標準引き下げ議論−文科省(時事通信)

 鈴木寛文部科学副大臣は14日の記者会見で、公立小中学校の少人数学級化に向け、現在「40人」としている国の学級編成標準や、それに伴う教職員定数の在り方について議論を始める方針を明らかにした。同省政務三役は2月に開く学校関係者との意見交換を皮切りに検討を始め、8月末までに一定の結論を出す方針。現行の40人学級は1980年度に定められており、見直し方針が決まれば約30年ぶりの改正となる。
 鈴木副大臣は「(40人学級を)変えるべきだという話になれば、(関連法を)何らかの形でいじらないといけない」と述べ、早ければ2011年の通常国会に関連法案を提出する可能性を示唆した。
 学級編成標準は、義務教育標準法が定めた公立小中学校の1学級の上限人数。ただ、都道府県教育委員会は、国の標準の範囲内で独自に人数を定めることができ、実際には既に多くの自治体が40人を下回る学級編成に取り組んでいる。 

【関連ニュース
事業仕分け・分野別ポイント
専修学校の指導内容充実へ=社会人らにも対応
事業仕分けの結果
事業仕分けの結果=行政刷新会議
ボール遊びのプログラム開発=子供の体力低下など背景に-JTL

新型インフル本を自主回収=「事実確認が不十分」−講談社(時事通信)
【中医協】院内がん登録など充実へ「評価」を検討(医療介護CBニュース)
<ハラソ祭り>おしろいの男、クジラ打ち再現…三重・尾鷲(毎日新聞)
小沢氏や首相母らの参考人招致応じず 山岡氏(産経新聞)
裁判員大阪地裁 元組長に懲役11年 覚醒剤密輸事件(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。